【ウォーキング】に効果的な時間は?健康やダイエットに繋がるのか?

ウォーキング Homework

これから運動を始める方にとっては、いきなりランニングは「きつい」と思う方も多いかもしれません。なぜなら、普段運動をしていない為、ランニングにおける膝や腰への負担が大きく難しい方は多いと思います。

そこで今回は、「ランニングは難しいけど運動したい!」「ランニングでは長続きしなそうだけどしっかりと運動したい!」と言う方が、今後挫折することなくしっかりとトレーニングができる「ランニング」についてご紹介致します。

ウォーキングとは何か?

有酸素運動として多くの効果を得ることができ、いつでも・どこでも・誰でも・手軽に始めることができる運動がウォーキングとなっております。

・スポーツが苦手
・運動が苦手

と言う方でも、体への負担がなく「すぐに始められる」ことが特徴となっています!

意外と知られていないのですが、通勤や通学の時。またはウインドウショッピングをしている時。こちらもウォーキング状態にあるのです。

ウォーキングに最適な時間は?

通勤や通学では最適な時間に見合わない可能性もあります。なぜなら、最寄駅などから徒歩5分や10分のところが多いからです。

ウォーキングに最適な時間は、「30分」とされております。有酸素運動になるので20分以上ウォーキングを続けることで効果があるとされております。

私がよくやっていたことをご紹介します!

  1. 帰宅時、最寄駅から遠回りして帰ること!
  2. 最寄駅の1つ前の駅で降りること!

どちらも、良かった点としては普段みない光景をよく目にすることができた!と言うことです。

例えば、小学生が集まっている駄菓子屋さんを発見したり・・・
昼間から営業している居酒屋さんだったり・・・
人気のお花屋さんがあったり・・・!

といい発見が多かったです!

ダイエットや健康に繋がっているのか?

ウォーキングは誰でも始めやすい!という特徴からダイエット効果が低いと思われがちです。しかし、ダイエットや健康にもしっかり繋がっているのです。

ウォーキングの効果としては、
・脂肪燃焼
・血流改善
・病気の予防
と言うことが挙げられます!

そして、何より下半身の大きな筋肉を使う為ムクミの解消や低体温の解消にもつながります!下半身には体の約70%の筋肉があると言われております!

下半身の筋肉を鍛えることは代謝が上がるだけでなく、理想の体をリバウンドしにくい体を作っていくことになります!

さらにここで意識して欲しいのは、効果があるウォーキングの距離と時間です。
■1日5〜10キロ程度で約20分以上のウォーキング
■速度は軽く汗ばむ程度の速度

この二つを意識して実施することで効果が現れやすくなりますのでポイントです!

まとめ

ウォーキングの特徴としては、
■誰でもすぐに始められること!

です!反対に言うと、
■誰でもすぐに辞めれる。

と言うことです。ウォーキングのデメリットとしては、効果を実感できるまでかなりの時間を要す。と言うことです。

早い人でも2〜3週間継続して、効果を感じると言われております。

長い人の場合、2〜3ヶ月後に実感した!と言う方もおります。

つまり、継続しないと効果を感じることができず辞めてしまう方が多いと言うことです。何事もすぐに効果が現れるものではありません。

正しい知識と正しい方法で継続することが健康への第一歩となりますので、しっかりと続けていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました