【驚き!!】リラックスとは何か?睡眠時に良いとされる音楽は何か?

睡眠 子供 Homework

リラックスとよく聞きますが、いつリラックスすると良いのか?と悩みますよね!リラックスには様々な方法やタイミングがあると思います!

今回は、睡眠時におけるリラックス法をご紹介します!

なんと言っても人間の疲労を回復するのは、【睡眠】です!今回のリラックス法のご紹介で【快眠】を手に入れてください!

睡眠とは何か?

睡眠とは人間が生活する上で切っても切り離せない関係です。

医学的には、

  1. 多少揺さぶったり、小さい物音を立てても起きない状態
  2. 大きな物音や強い衝撃になって起きる(意識取り戻す)状態
  3. 周期的な生活習慣または、自発的な眠気による睡眠

となっており、「意識がない状態」を指します。

人間は睡眠が不足すると
■イライラしたり
■眠くなったり
■元気が無くなったりetc…と

生活の基盤が崩れて「質」が損なわれていきます!その結果、健康を損なうリスクが非常に高まってくることが判明しております。

反対に長時間の睡眠も健康を損なうリスクがある為、正しい「睡眠」を学んでいくことが重要です。

なぜ睡眠が必要なのか?

そもそも、人間(ほとんどの脊椎動物)は睡眠をしないと死んでしまうことがわかっております。動物の中では、敵から身を守るために左右の脳を交互に休ませているものもいます。キリンに至っては警戒心が非常に強く、一日20分〜1時間程度しか睡眠を取らないこともわかっております。

人間も同様に睡眠を取ることはも非常に大事です。

睡眠の意義とは・・・

■大脳を「創り・育て・守り・修復する」そして、より良く生活をする為!

です。科学的にも研究が進んでおり、

  1. 脳を休息させるための積極的な適応行動である。
  2. 高度な生理機能に支えられた生体防衛機能である。
  3. 発達した大脳をもつ高等動物にとっては、睡眠の良否が高度な情報処置能力を左右する。

と発表されております。

睡眠の為のリラックス方法は?

では睡眠の為のリラックス方法は何があるか?気になりますね!

人間は寝る前にリラックス感を得ると不安な感情やネガディブな思考が軽減し、スムーズに睡眠に入ることができるのです。皆さんそれぞれリラックス方法は違うので色々と試してみることをオススメします!

それではリラックス方法のご紹介です。私が実践しているもので、取り入れやすいものから順番にご紹介します!

●1:ストレッチをする!

私はサッカーをやっていたので、ストレッチをする習慣がありました。ストレッチは「血行が改善」「筋肉の緊張が緩和」し、リラックス効果があるのです。

普段の生活野中で肩や首に凝りを感じている方も多いと思います。

背中や腰の筋肉が気持ちが良いと感じるところまでゆっくりと弾みをつけずに伸ばします。息は止めずにゆっくりと呼吸しながらストレッチすると良いです!

男性・女性問わず取り入れられるこちらの動画をご覧ください!

【寝る前10分】初心者のための10分ヨガストレッチ【男性にも】〜快眠・翌朝スッキリ〜 家で一緒にやってみよう
※参考動画

●2:音楽を聴く

私は音楽が好きで、普段いろんな音楽を聞いておりますが、寝る際は意識的に良い睡眠ができると言われている音楽を聴いております。

良い音楽としては、リズムが一定であり音の高低やリズム感が少なく、流れるようなメロディーの曲が良いとされています。

スポーツの会場や激しい音楽は寝る前にはあまりオススメできません。

DJ PULL | リラックス効果ですぐに眠くなる魔法の音楽【5分聞いているうち眠くなります】

●3:ぬるま湯に入る

あくまでも【ぬるめのお湯】に入ることです。一般的なお風呂の温度である40度〜42度では交感神経が働いてしまい、心も体も目覚めてしまいます!逆に言うと、プレゼンがある日や今日は朝からシャキッとしないといけない日!などは、朝に熱めのシャワーや入浴をするといいですね!

ぬるめのお湯には副交感神経が働き、緊張を和らいでリラックス効果が得られると言われているのです。たまには「香り」を加えて、さらにリラックス効果を高めることも可能です。心地よいと感じるエッセンシャルオイルなどを利用するといいですね!

なぜぬるま湯がいいかと言うと、徐々に体温と脳の温度が上がっていきます。この上がった温度が下がる時がとても良い眠りにつけるのです。

是非試してみてください!

まとめ

睡眠の大事な理由や、リラックスできる方法をご紹介しました。睡眠が大事な理由は皆さん共通だと思います。しかし、リラックス方法は人それぞれです。

まずは私の記事を参考にしてもらえたらと思いますが、皆さんに合うものを探してもらって自分に一番良いリラックス方法を探してみてください!

何もやらないことより、トライしてみてください!やってみることで自分に合うものを発見できるのです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました