【サッカー天皇杯】記念すべき第100回大会の出場チーム、日程が決定

サッカー 円陣 Soccer

2020年度の天皇杯は大会方式を変更することを発表しました!2020年は「第100回大会」と記念すべき大会の開催に向けて大会方式変更を発表したようです!

今回は大会方式変更に伴う変更内容をご紹介します!

出場チーム数について

当初の予定では、
■J1:18チーム【18】
■J2:22チーム【22】
■47都道府県代表【47】
■アマチュアシード【1】
合計88チームで優勝を争う予定でした!

しかし変更後のチーム数は・・・
■J1:18チーム【18】→【2チーム】
■J2:22チーム【22】→【0】
■47都道府県代表【47】→【47チーム】
■アマチュアシード【1】→【1チーム】
合計50チームで優勝を争う形となりました!(38チーム減少です)

天皇杯とは都道府県代表を決める戦いから熱戦が繰り広げられております。世の中でいう「ジャイアントキリング(格上の相手から勝利をもぎ取る/大番狂わせ)」が最も起きる大会でもあるのです。

実は私も高校生の時に都道府県代表となり天皇杯に出場した経験があるのです!

都道府県代表を決める時から既にジャイアントキリングは始まっているのです。

私の場合は・・・
①高校の1位とクラブチームの1位を決めて、決勝戦を実施。高校No1を決める
②大学の上位2位を決める
③アマチュア代表を決める
④上記4チームにて決勝トーナメントを開催。

私たちは、大学1位と決勝トーナメント一回戦をあたり、見事撃破!
決勝は反対ブロックから上がってきた、優勝候補の「アマチュア代表」との一戦!

とてつもない緊張感の中、始まった試合は80%押し込まれ続ける一方でしたが、耐えに耐え抜いて延長戦へ突入しました。

延長戦前半も押し込まれ続けていましたが、ポストやクロスバーも味方をしてくれて、延長戦後半に突入。

途中出場の2人が大活躍を見せる!

右サイドへ流れたロングボールを拾うと、そのままドリブル。

ディフェンスと競り合いながら、センタリング。

左サイドから駆け上がってきていた選手がファーサイドからダイビングヘッド!

このボールは見事、右サイドネットを揺らして!先制ゴール!

この1点を守り切った私たちが見事天皇杯決勝トーナメントの出場権を勝ち取りました!

この時のジャイアントキリングは、今でも忘れることができません!このような見てる人も驚き、感動する試合が多く発生するのが、歴史ある天皇杯なのです!

この出場権を勝ち取ったあとは、NHKの取材もありました!!

試合日程について

コロナウイルスの影響でJリーグが延期している中、天皇杯に日程発表は非常に難しいものだったと思いますが、9月開幕と発表しました!

最大限の安全を考慮し、1回戦〜3回戦までは各地域単位でトーナメントを実施。4回戦までの入場については「無料」とすることが決定しました!

日程については・・・
■1回戦 :9月16日(水)
 都道府県代表32チームが戦う
■2回戦 :9月23日(水)
 他の都道府県代表とアマチュア代表のホンダFCが出場
■3回戦 :10月28日(水)
■4回戦 :12月12日(土)・13日(日)
■準々決勝:12月19日(土)・20日(日)
■準決勝 :12月27日(日)
■決勝  :2021年1月1日 (元旦)
 @新国立競技場

となっております。とはいえ、コロナウイルスの影響がどこまで響くか現時点ではわかっておらず、今後のスケジュール変更があった際は情報アップデートさせていただきます!

まとめ

天皇杯は今年で第100回目の記念すべき大会であり、歴史ある大会です。そして、何より「ジャイアントキリング」が一番発生する大会でもあります。

出場チームは「何としてでもJリーグチームと対戦して勝つぞ!」と意気込みを入れている方ほとんどです!

またプレーヤー目線でいうと、「Jクラブのスタッフに自分のプレーを見てもらうチャンス」と思っている人も多いのです!

様々の想いが交錯するこの大会を皆さんも一緒に盛り上げていただけたらと思います!

天皇杯で起きる「ジャイアントキリング」をどうぞお楽しみに!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました