マラソン日本新記録!履いてた靴は何?日本新記録更新賞金はいくら?

日本新記録 東京マラソン 賞金 Running

2020年3月1日(日)に「東京マラソン2020」が開催されました。今年の東京マラソンは例年と違いがありました。それは、新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、一般参加者のランナーは全て参加せず、エリートランナーの約200人が走ることになりました。東京マラソンは「東京都庁」をスタートし「東京駅」までの42.195kmを走るコースです。今年は東京オリンピックも開催される為、一段と気運が高くなっている中で、大迫傑選手が自身持つ2時間5分50秒から【21秒更新】「2時間5分29秒」日本記録を更新した。この記録更新は2018年10月に開催されたシカゴ・マラソンで大迫傑選手の記録更新依頼の快挙である。

記録更新時、履いていた靴は何?

昨今記録更新が相次いでおり、マラソンランナーの使用しているシューズ(靴)に注目が集まっております。2018年10月に大迫選手が日本記録更新時ナイキの厚底シューズが記録更新にいい影響があったのではないか?ということで注目が集まって参りました。この厚底シューズの特徴としてはプレートが入っており、走った際にバネ?のように勢いが付くようなイメージのシューズとのこと。さらに厚底シューズは改良が進んでおり、改良後の現在の厚底シューズはこのプレートのようなものが1〜3枚入っているようです。前回の日本新記録樹立から約1年5ヶ月経過しておりましたが、今回日本記録更新時に大迫選手が履いていた靴は新モデルの「ナイキの”超”厚底シューズ」を着用しておりました!

日本記録更新時の賞金はいくら?

そこで気になるのは、日本記録更新時の賞金ですよね!マラソンではなく水泳などの他の競技では日本記録更新のシーンを見かけますが、マラソンにおいては大会やレースが頻繁に実施できないことなどもあり日本実業団連合から報奨金も非常に高くなっているということもあります。

では実際にいくらなのか?と言いますと・・・

何と・・・・・【1億円!!!】

これは、非常に嬉しい報奨金であることは間違いないです!さらに今回の東京マラソン2020では

  • 東京マラソン日本新記録ボーナス「500万円」
  • 全体ゴール順位で4位に「100万円」
  • 日本実業団連合が定めた日本新記録ボーナス「1億円」

合計1億600万円が獲得賞金となりました。

参考URL:日刊スポーツ

見えない部分で起きたスポーツマンシップ

今回、日本新記録を樹立した大迫選手ですがトラブルも発生したおりました。それはレース直後の5kmのおける給水地点です。スペシャルドリンクを取れず給水が出来ずとなりました。しかしここで発生したのが素晴らしいスポーツマンシップです。スペシャルドリンクを取れなかった大迫選手は隣を走る、選手にジェスチャーでドリンクを分けてもらえるように依頼!それを受けた選手は自分のドリンクを大迫選手に渡した!それだけではなく、頂いたドリンクをさらにお返しする!といった素晴らしいスポーツマンシップを見ることができました!スポーツとは常に自分の能力を最大限まで発揮する為に、集中し精神から体を極限まで追い込んでいる中で起きた今回のスポーツマンシップは他のスポーツ競技においても見習うべき姿であった。

まとめ

日本記録更新や厚底シューズなどの注目すべき部分は非常に多かった東京マラソン2020だったと思います。しかし、一方では目に見えない部分で発生しているスポーツマンシップやドラマがありました!これは他の競技においても同じことが言えると思います。是非、テレビなどの映像を通してではなく現地で選手の気迫を感じていただくと共に、選手への声援を送っていただけたらと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました