【驚愕】パスが上手い人とパスが下手な人の違いとは?

ボールを蹴る Soccer

私もサッカー経験者です!

サッカーをやっているとパスの上手い人とパスが下手な人はプレーをみると一目瞭然ですね!今回はなぜ、2つに分かれるのかを解説していきます。

私の経験談ですが、パスがうまくできない子はサッカーを楽しめず、やめてしまう子も多いように感じております。

解説後にはすぐに始められて、実践すべきことは2つです!

パスが上手い人の特徴は何か?

日本代表では、遠藤保仁選手・長谷部誠選手の2名がズバ抜けてパスが上手いですよね!この二人の特徴は何かというと・・・

■ボールをオープン位置に止めている!(トラップがうまい)ということです!

オープン位置と言われてもあまり馴染みがない方も多いかと思いますので、下記図をみてください!

オープン位置とは【蹴る足の斜め前に止めることをいいます】

ただ、注意が必要なのは押し出すようなトラップをすることをイメージする方がいますが、それではNGです。

前に押し出すようなトラップでは

■相手にボールを奪われるリスクが高い。
■トラップのミスをする確率が高い。

このリスクが高いのでパスが上手いどうこうの前に、ボールを奪われてしまいます。

遠藤選手や長谷部選手のトラップは常に蹴りたい足の斜め前に止めています!これができるとボールを取りに来る相手からもボールを取られず、同じモーションで好きな方向にパスをすることができます。

もちろんですが、パスを蹴る足の動かし方もありますが、パスの上手い選手はパスの前のトラップで上手い下手が分かれております。

【遠藤保仁:ヤットさん】日本最高の技術! 人を動かし、誰よりも走るサッカー Yasuhito Endo

なぜトラップが上手いのか?

トラップ上手い選手の特徴「トップスピードでトラップしない!」ということ。どういうことかというと、

■全力で走りながらトラップ
■スピードを落として、トラップ

この2種類の内、トラップの成功する確率が高い方は・・・もちろんお分かりですよね!

そうです!■スピードを落として、トラップする方が、断然成功する確率は高いです!

このトラップを実現する為に、事前にボールを受けたい場所へ動いてパスを要求しているのです!

自分がプレーしている時ってなかなか考えることができなかったりしますよね!私もその一人でした!

ただ、高校1年生の時に出会った、「サッカーの恩師」からこの事実を教わりました!この恩師にサッカーをさらに楽しいものだと教えていただきました!

今回のブログをキッカケにサッカーをさらに楽しむキッカケにしてください!

まとめ

最初に説明した通り、すぐに意識して実践して欲しいことは・・・

1つ目:トラップとはオープン位置に止めること!

2つ目:全力スピードでトラップしないように意識すること!
※手を抜いてやる。ゆっくりとやる。とは違います。

この2つが実践できたら、今まで以上にサッカーはさらに楽しいものになることは間違いないです!

そして、パスが上手い選手の特徴は、トラップに秘密がありましたね!パスの技術を磨くことももちろん大事ですが、自分に回ってきたボールを大切にトラップできるようになると更にパスの出せる種類も増えてきます!

是非トライしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました