【必見!】Jリーグ下部組織のセレクションで合格する為のコツやポイントは?

Jリーグ サッカー セレクション ポイント コツ Soccer

こんにちは!サッカーをやっている子供がいらっしゃる、お父さん・お母さんにとっては一度は考えたことがあると思いますが、Jリーグ下部組織のセレクションで合格するのってとっても難しいんじゃないの?そもそもどうやったらセレクションで合格に近くの?と思ったことはありませんか?

もちろん、Jリーグの下部組織となると「絶対に入りたい(入団)したい!」と高い志を持った子供達がセレクションを受けに来るため、それなりに高いレベルでの選考を受けます!考え方によっては、チャンスやポイントが非常に多く隠れています。そこで今回は、実際にセレクションで合格した時のお話を交えながらご紹介していきます!

そもそもセレクションってどうやって参加するの?

多くのクラブが実施するが、ホームページ上に募集をかけて応募を募る形をとっております!参加費は無料のところから高くて5000円の範囲が多いです。

一般的には、WEB申込及び3000円の参加費と行った形です。

申し込みの段階で1次セレクションの日程は決まっていることがほとんどです!

その為、持ち物等を確認してセレクション当日に向かう!というのが流れになっております!

まずは受けたいクラブのホームページをチェックするようにしましょう!

セレクションってどのくらいの規模でどんなことをやるのか?

セレクションと言っても、Jリーグチームの人気レベルやその地域によって受験する人数に変動があります。各クラブによって規模は異なるというのが実態です。参考のセレクションの受験人数ですが、小学6年生(新中学1年生)のセレクションで約100名〜多いところだと500名程度となります。多い場合は1次セレクションを2日もしくは3日に分けて実施する場合もあります。

セレクションのスケジュールとしては

  • 一次選考
  • 二次選考
  • 三次選考

と、3段階に実施するケースが一般的とされておりますが、クラブによっては、四次・五次選考とやるところもあるようです。しかし、私が調べてきた中ではほとんどが三次選考までで最終合否が出ております。

選考会の中ではどんなことをするかというと・・・【ゲーム形式】がメインとなっております。

ゲーム形式と行っても、6人vs6人・9人vs9人・11人vs11人と違ったバージョンでやることが多いです。その他には、1対1の対人プレー30m走などを実施しているところもあります。

私の場合は、

  • 【アップ】・4対2(鳥カゴ/パス回し)
  • 【一次選考】・4箇所でのパス回し・7人vs7人のゲーム形式
  • 【二次選考】・30m走・9人vs9人のゲーム形式
  • 【三次選考】・11人vs11人のゲーム形式・実際のクラブの練習に1週間参加すること

このような選考メニューにて実施致しました。私の時は約300名のセレクション参加者がいました。一次選考会で約300名→約100名に選考され、二次選考会で約100名→約25名三次選考会で約25名→2名合格者となりました。非常に「狭き門だ」と思って、セレクション自体を受けずに諦めてしまう子供が多い気がします。でも大事なことは私が合格したように合格者がいるということを知っておくことです!

合格者がいる!ということは次に考えることは、どうやったら「合格者」に近くことができるか?ということですね!実体験や、指導してきた子供達が合格したポイントやコツをご紹介します!

セレクションでの合格するポイント・コツとは?

先程お話ししたように規模感はクラブによって大・中・小と別れます。しかし、少なくても100名くらいはセレクションを受けるのです。少なくみて100名のセレクション会場で選考するスタッフの数は多くて10名程度です。そうすると、1人のスタッフが見れる範囲としては10名程度となります。ということは、その10名の中で一番【目立つ事!】が大事ですよね!まずはここがポイントです!目立つというと「セレクションなんだからプレーで。」と思い混んでしまいますが、必ずしもプレーでなくてもよいです。なぜなら、スタッフが「気になるから見てみよう!」と思ってもらうことが大事なのです。では、プレー以外の部分でどんなことがあるかというと「声出し」です。仲間になったメンバーの名前を大きな声で呼ぶでも良いですし、大きな声で指示をするでも良いですね。あとは、積極的にチームのメンバーと大きな声で会話することが第一ポイントです!

そして次は、気になるから見てみようとスタッフが思ってからのプレー中にポイントがあります!第一ポイントを実践できた方は「スタッフが自分を見てくれているな!」と実感することがあります。しかし、そういう時に限って「ミスをしてしまったり」、「ボールが回ってこなかったり」・・・ということが良く発生いたします!だけど、何も気にすることはありません!

  • ミスをしてしまったなら、落ち込む前に取り返せ!
  • ボールが回ってこないなら、ボールがこない時にどれだけ献身的に動けるかを見せつけろ!

この2つができるか?を選考スタッフは良く見ているのです!実際にチームに加わったあとチームメイトに「いい影響を与える選手か?」「悪い影響を与えてしまう選手か?」チームにどれだけ貢献できる選手なのかを見極めているのです!これが2つめのポイントになります!この2つのポイントは以外とセレクションを受ける方は知らないことが多いみたいです。

まとめ

私の実体験も含めた内容をご紹介させていただきました。とはいえ、まずこの2つのポイントを実践しても最終的な合格をもらう為には、【実力】が必要です。トレーニングは必ず自分に返ってきます。日々のトレーニングをどれだけ真剣に取り組めているのか?まずはここから見直し日々のトレーニングに励んで欲しいです!そして、セレクションは必ず緊張するものです。いつもと違うメンバーでプレーし、いつもと違う環境でプレーし、いつもと違うスタッフに選考されるからです!失敗を恐れず突き進む!やり抜くことが最も大事だと思います!

是非、ご紹介した内容を実践しつつ日々のトレーニングを頑張ってもらえたら嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました