【健康改善!】食事の時に気を付けること!健康的なメニューとは?

野菜  Homework

仕事をしている人は、朝食べない人も多いですよね!そして、日中はランチを食べていても夜ごはんは飲み会が続いたりと・・・なかなか健康とはかけ離れた食事が続きがちですよね。

今回のご紹介する内容は、時間がない中でも食事の際に気を付けることで健康改善ができる内容となっております!

そして、健康的なメニューについてもご紹介します!宜しくお願い致します。

食事の時に気をつけることとは?

時間がない!時間がない!と朝食を抜いたり・・・
時間がない!時間がない!と昼食を急いで食べてしまったり・・・
なのに、夜は飲み会でお酒をたくさん飲んでしまって・・・ラーメンを食べてしまったり・・・と不健康な食事が続いてしまいますよね。

でも、そんな中でも一つ意識して気を付けることとは!

■時間がなくても、ゆっくり食べること!

つまり、少量であってもゆっくり食事すること!時間がないのであれば、たくさんをゆっくり食べることは難しいと思います!

その為、少量でもいいので「できる限りゆっくり食事を食べる!」ようにしましょう!

また夜の飲み会がある日は、帰ってきてから寝る前に

■【水分を取るようにしましょう!】

お酒を飲むと、利尿作用で体内の水分が体外へ放出されてしまいます。その結果、水分不足となり「頭痛」「めまい」「むくみ」といった体調不良が発生しやすいのです。

目安の水分摂取量は、【お酒1:お水1】です!

お酒と同量を摂ることがオススメですが、難しい場合はできる限りの量で構いませんのでしっかりと水分を摂るようにしましょう!

健康的なメニューとは?

食事の中ではなかなか補うことが難しいのが「たんぱく質」なのです!

体は5大栄養素をしっかりと摂ることで健康促進を促します!どういう意味かというと、「ビタミン」「ミネラル」「脂質」「たんぱく質」「炭水化物」の5つの栄養素を補うと、体はエネルギーを発揮します!

エネルギーを発揮するメカニズムは、5大栄養素が全て【1:1】の割合で消費するのです!

つまり偏った栄養を摂ってしまうと、エネルギーが消費されずに脂肪へ変換されてしまうのです!(蓄積してしまう!ということ)

その為、食事の中では絶対的に足りてない「たんぱく質」を多く含む食事が理想とされております!

たんぱく質を多くする食材とは・・・

■肉類
■魚介類
■卵類
■大豆製品
■乳製品

が挙げられます!

たんぱく質量について

■肉類(100gあたりのたんぱく質含有量)

生ハム(24.0g)、鶏ささみ(23.0g)、ローストビーフ(21.7g)、牛もも肉(21.2g)、豚ロース(19.3g)、鶏砂肝(18.3g)、ロースハム(16.5g)、ウインナー(13.2g)となっています。

■魚介類(100gあたりのたんぱく質含有量)

イワシ丸干し(32.8g)、いくら(32.6g)、焼きたらこ(28.3g)、するめ(69.2g)、かにかまぼこ(12.1g)、魚肉ソーセージ(11.5g)などがあります。

■卵類(100gあたりのたんぱく質含有量)

卵黄(16.5g)、ピータン(13.7g)、ゆで卵(12.9g)、ウズラ卵生(12.6g)、生卵(12.3g)、ポーチドエッグ(12.3g)、卵白(11.3g)、ウズラ卵水煮缶(11.0g)です。

■大豆製品(100gあたりのたんぱく質含有量)

きな粉(35.5g)、油揚げ(18.6g)、納豆(16.5g)、がんもどき(15.3g)、厚揚げ(10.7g)、こしあん(9.8g)、豆腐(6.6g)、豆乳(3.6g)となっています。

※引用元:森永製菓ホームページより

まとめ

軽視してしまいがちな「食事」ですが、人間は栄養を摂るためには「口」からしかできません。そのため、食事の大事さを伝わると思います!

しかし皆さん普段の生活の中で時間がないことも十分理解しております!

私も同じだったのです!

でも、できることからやっていくことが最も重要です!

慌てることはありませんので、意識することをしっかりと理解して、普段の生活に取り入れてみてください!

よろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました